• 化学、材料、食品系特許の実務

  •  

2018-11-13  第13回 自主研修会のお知らせ

弁理士会の自主研修として
「より良い明細書・意見書を目指して」と題する研修会を
2か月に1回のペースで開催しています。

弁理士または未登録の弁理士試験合格者は参加することができます。

2018/12/7に第13回の自主研修会を開催する予定です。
今回の研修会の概要は以下の通りです。

 

■題名

「人工知能に負けない明細書について語り合う」

■講演者

右田俊介(ソナーレ特許事務所)

■内容

人工知能(AI)がニュースにならない日はありません。最近は「AI脅威論」も高まっているように感じます。弁理士業務の92%がAIに代替されるとも言われる中、弁理士の間でも楽観論と悲観論に大きく振れて議論がされているように見受けられます。弁理士業務といっても様々です。果たして明細書やクレームの作成までAIに代替されるのでしょうか。
弁理士とAIとの今後の関係について皆さんと議論ができたらと思います。

■詳細(開催日時など)

開催日時 H30年12月7日(金) 18:30~20:30
開催場所 弁理士会館 地下1階AB合同会議室
参加方法 この自主研修会へ参加を希望される方は、その旨を本件責任者(高橋)へメールで連絡して下さい。
メールアドレスはseminar@sonare-ip.comです。
なお、弁理士の他、未登録の弁理士試験合格者でもメンバーになることができます。
また、ひとまずメンバーにはならずに、今回の研修会にのみ参加して様子見することもできます。


本ページが更新された際に、その旨をメールで連絡します。ご希望の方はメールアドレス・姓名を入力し、「確認」ボタンをクリックして登録してください。
メルマガ登録欄
メールアドレス(必須)
氏名(必須)
TOPへ戻る