• 化学、材料、食品系特許の実務

  •  

2019-11-28  ついにグリーン車に乗った件

 

それほど多いわけではないのですが、

しばしば新幹線に乗ります。

 

「俺はグリーン車しか乗らない」

とおっしゃっている方もいらっしゃいますが、

 

私はグリーン車には乗りません。

 

 

その理由について、以前、このブログでも書きましたが、

簡単に言えば、

 

「自由席のように列に並ばずに乗れて、それなりに静かな環境が得られば良い」

 

という私の目的に沿うためには、

 

指定席であれば十分で、

グリーン車に乗る必要性がないためです。

 

 

もちろん、グリーン車は高いので、もったいから、

という気持ちもあります。

 

 

あとは「自分はまだ、グリーン車に乗るほど偉くない」

と思っていて、

そのような精神論のようなものもあって、

グリーン車には乗りません。

 

(グリーン車に乗れば偉いというわけでもないが。なんとなく。)

 

 

 

ところで、先日、群馬県で特許出願の打ち合わせがありました。

 

新幹線で行くのが一般的なルートですが、

新幹線で行くと、乗り換えが多くなります。

 

一方、湘南新宿ラインという普通の列車(でも指定席のようなものがついている)

で行くと、時間はかかるが、ほとんど乗り換えがなく行けます。

 

乗り換えが多いと、パソコンを開いてじっくり仕事をすることができません。

 

そこで、時間はかかるものの湘南新宿ラインの指定席を確保して

電車の中でじっくり仕事をしながら行くことにしました。

 

 

そして、湘南新宿ラインの指定席券を購入し、駅のホームで

電車が来るのを待っていたのですが、

定刻になっても電車が来ません。

 

結局、遅れて電車が来たのですが、

その電車が遅れると、次の電車の乗り継げなくなります。

 

乗り継げなければ特許出願の打ち合わせに間に会いません。

 

ピンチです。

 

 

とりあえず湘南新宿ライン(の指定席)に乗り込み

どうするかを調べたのですが、

 

途中から新幹線に乗り継げば間に合うことが分かったため、

大宮で湘南新宿ラインを降りて、

新幹線乗り場へ急ぎました。

 

 

そして、数分後の新幹線に乗るため、

チケットを買おうとしたのですが、

指定席が満席です。

 

空いているのはグリーン車(グランクラス)だけ。

 

仕方がないので、ポリシー?を曲げて、グリーン車に乗りました。

 

 

グリーン車に乗った感想ですが、

 

「たしかに良い」

 

と思います。

 

 

通常の指定席ですと、横に5列ですが、

グリーン車は4列でしたので、

一人ひとりのスペースが広いです。

 

 

椅子のグレードも高かいようです。

 

グリーン車に乗っている方は、お金が余ってそうなご老人とか

が多かったような気がします。

 

 

 

そんなわけで、「ついに」私もグリーン車デビューを

してみたのですが、

 

結論として、

「私のポリシーは間違っていなかった」

ということになりました。

 

 

今回のようなイレギラーなことが無い限り、

グリーン車には乗らないと思います。

 

 

追伸:上記のように新幹線に乗り継いだので、

今回の特許出願の打ち合わせには間に合いました。

 

 

 

 


本ページが更新された際に、その旨をメールで連絡します。ご希望の方はメールアドレス・姓名を入力し、「確認」ボタンをクリックして登録してください。
メルマガ登録欄
メールアドレス(必須)
氏名(必須)
TOPへ戻る