• 化学、材料、食品系特許の実務

  •  

2018-12-06  大幅に時間延長してしまいました。

昨日(12/5)に、
知財ゼミを開催しました。

 

参加して下さった皆さま、
ありがとうございました。

 

大阪や広島から参加して下さった方もいらして、
本当に感謝しております。

 

今回は数値限定発明の権利化と権利化阻止
についてでしたが、

 

「従来技術と数値範囲しか
相違点がない案件を
どうやって権利化すれば良いか」

 

とか、

 

「競合他社に権利化された
数値限定発明を、
記載不備でつぶすには
どうすればよいか」

 

というようなことに

皆さま困っているようで、

 

かなり質問も積極的に頂きました。

 

おそらく、参加して下さった方の
ほとんど全員が質問して
下さったと思います。

 

セミナー中の質問がかなり多かったので、
説明が時間が足りなくなり、

 

セミナー後半は
かなりの高速で説明しましたが、

それでも、予定時間を5~10分程度
すぎてしまい、

 

「ひとまずセミナーを終わりにしますが、
質問がある方はこの場に残って質問して下さい」

と言ったところ、

 

ほぼ全員が残って、質問をしてくだいました。

 

全員の質問に答え、
セミナーが終わったときは、
予定時間を30分以上すぎていました。

 

それだけ熱心に受講して下さったのですから、

有難いことです。

感謝しております。

 

 

参加して下さる方がいるのであれば、

次の知財ゼミも開催してみようか

と思っています。

 

1月の中旬から後半であれば
参加しやすいかもしれないと
今のところ考えています。

 

 


本ページが更新された際に、その旨をメールで連絡します。ご希望の方はメールアドレス・姓名を入力し、「確認」ボタンをクリックして登録してください。
メルマガ登録欄
メールアドレス(必須)
氏名(必須)
TOPへ戻る