• 知財実務情報Lab.

  •  

2018年2月21日
今週は2回もセミナー講師を担当してます。

一昨日の月曜日は、私が顧問を担当させて頂いている某企業様にて

社内研修会の講師を担当させて頂きました。

 

この企業様では1~2年に1回くらいの頻度で

特許関係の社内研修会を依頼頂いています。

 

今回は、以下の1~3のような、特許の独占権としての役割以外

の役割に関して、解説させて頂きました。

 

 

1.共同開発の際に相手先に自社技術を盗まれないようにしたい場合の知財戦略

 

2.顧客へ営業して、顧客に新製品・サービスをアピールしたい場合の知財戦略

 

3.技術開発の成果を文書化することの重要性

 

 

特許の独占権以外の側面を理解して頂き、受講者の皆さまの今後の業務にお役立てば

有難いです。

 

(特に3が重要ですね。)

 

 

 

本日は、今から東京タワーの真下にある機械振興会館へ講演に出かけます。

 

詳細はこちら

 

私の出番は14:30くらいからですので、あと1時間くらいしたら出発しようかと

思っています。

 

(今は九段南の事務所にいます。)

 

 

今回のセミナーの講演者は4名で、私以外の3名のうち2名は経済産業省の方、1名は特許庁の方です。

 

私の講演時間は50分。

 

普通に話すと1hくらいかかってしまう内容なので、てきぱきと話そうと思っています。

 

(とは思っていても、話し出すと話が脱線して時間が費やされてしまうことも良くあります。)

 

 

 

蛇足ですが、昨日、ご案内した「第2回知財ゼミ」ですが、

 

すでにお申し込みを頂いています。

 

参加をご希望される方は、お早めにお申込みいただければと思います。

 



メルマガ登録

本ページが更新された際に、その旨をメールで連絡します。ご希望の方はメールアドレス・姓名を入力し、「確認」ボタンをクリックして登録してください。

メルマガ登録欄
メールアドレス(必須)
氏名(必須)
TOPへ戻る