• 化学、材料、食品系特許の実務

  •  
←「」前の記事へ  | main |  次の記事へ「」→

2019-06-18  発明発掘会議に参戦させて頂きました。

 

昨日は朝から飛行機に乗り、

某所へ移動し、
 

昨日の午後と本日の午前中に

某社様の発明発掘会議に

参戦させて頂き、

 

先ほど、東京に帰ってきました。

 
 

発明発掘の他に

検討すべきことがあり、
 

そちらが長引いたため、

実質的に発明発掘会議は

3-4hしか

できませんしたが、

 
それでも発明の種のようなものが

相当数、みいだされてました。

 

おそらく、もう少し揉めば、

数十件は発明がでてくるでしょう。

 
 

やはり、発明者の方と

Face to Face で話すと、

いろいろとアイデアがでてきます。

 

私はその技術分野の専門家ではないので、

つまらない質問等をしてしまうことも

ありますが、

 

一方で、私のような者の質問にこたえようとすると、

 

発明者の方は、

日頃、全く着目していなかった点も

考えることになります。

 

そして、私や知財部の方々は

発明者の方とのやり取りの中で

面白そうなアイデアの種を見つけたら、

すかさず、その種を深堀していきます。

 

その結果、発明者の頭の中に

埋没していた良いアイデアが

どんどん顕在化していきます。

 

本当はよいアイデアなのに、

発明者の方は

そこに気が付かず、
 

別に大したアイデアではないな、

 

と判断して、そのまま、そのアイデアを埋没させて

しまっているケースが多いですが、

 

こちらから、それは実に良いアイデアであることを

お伝えすると、

こんなんでよいの?

と驚かれることが多々あります。

 

昨日、発明発掘会議に参戦させて

頂いた某社様に限ったことではなく、
 

一般論として、

 

発明者の方の頭の中には、

相当数のアイデアが

顕在化されずに埋没しているケースが

非常に多いです。

 

アイデアを埋没させず顕在化させるためには

やはり定期的に発明発掘会議を

行うべきだと思います。

 

これについては、

私は以前から言い続けていますし、

それに関する動画も公開しています。

良かったら動画を見て下さい。

 


本ページが更新された際に、その旨をメールで連絡します。ご希望の方はメールアドレス・姓名を入力し、「確認」ボタンをクリックして登録してください。
メルマガ登録欄
メールアドレス(必須)
氏名(必須)
TOPへ戻る