• 化学、材料、食品系特許の実務

  •  

2020-01-04  今年は明細書・クレーム作成のスキルを伝授する仕事をやろうかと思っています。

 

みなさま

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。

年初ですので、今年の抱負のようなものを書いてみようと思うのですが、

今年は、以下のように、明細書・クレームの作成スキルを伝授する仕事をやってみようかと思っています。

 

私自身、特許業界に入って17年間くらい経ちましたが、ずっと化学系および機械系の特許明細書を書き続けてきました。

私くらいの年齢(今年で49才)になると、自分では明細書を書かないで、部下が書いた明細書をチェックするだけの方も大勢いますが、私は今でもバリバリ書いています(チェックもしていますが)。

 

また、単に実務経験時間が長いだけではなく、こなした仕事量も結構多いと思います。

ざっと数えてみましたが、日本の出願だけで、少なくとも700件は明細書を書いたようです(1000件には到達していないようですが)。

 

そして、質について高レベルであることのエビデンスはないのですが、クライアント様からは良い評価を頂いていますし、特許査定率も95%くらいですので、「質も高い」と言ってしまって良いだろうと思っています。

あの「第1回 特許の鉄人」のクレーム作成バトルの第1試合の選手に抜擢され、しかも試合に勝ったことも、明細書・クレームの作成技術のレベルが高いことを担保するエビデンスになるかもしれません。

 

こんな感じですので、特許明細書・クレームの作成について、プロとして恥ずかしくない知識と経験は備えていると言っても良いと思います。

そこで、特許の明細書やクレームをどのように作成するべきか、その作成スキルを伝授する仕事をすることが許されるのではないかと(図々しくも)思っておりまして、今年は、それを実行しようと思っています。

 

 
具体的には、明細書・クレーム作成の検討会(セミナー)を開催する予定です。

これについては、単に私が前に出て話すだけではなくて、聴いている方が参加できるような何らかの形で開催したいと思っています。

構想は固まりつつあるので、近いうちに開催したいと思っています。

開催日等が決まったら、このブログやメルマガ、Facebook等で告知しますので、ご興味がある方はご参加頂ければと思います。

 


本ページが更新された際に、その旨をメールで連絡します。ご希望の方はメールアドレス・姓名を入力し、「確認」ボタンをクリックして登録してください。
メルマガ登録欄
メールアドレス(必須)
氏名(必須)
TOPへ戻る