• 知財実務情報Lab.

  •  

2021年5月24日
【無料】『発明を埋もれさせないために知財部が行うべき「発明者教育」(案)』と題するセミナーを5/31~6/13の2週間のみ公開します。

 
 
私は以前、発明者でしたが、発明を文書化・顕在化させることが大キライでした。

大変だからです。

おそらく多くの発明者はこのように考えています。

特許出願なんて、できればやりたくない仕事だと思います。

 
しかし、知財部としては、発明者が発明を文書化・顕在化してくれないと、仕事になりません。

それではどうすれば発明者は発明を文書化・顕在化してくれるのでしょうか?

その対策案をセミナーにまとめました。

5/31~6/13の2週間だけの公開になりますので、

ご興味があれば視聴してください。
 
 

動画セミナーの内容(目次)は以下の通りで、約47分です。

(1) 前提の確認
(2) 発明者の頭の中のアイデア・発明を「見える化」するには?
(3) 社内研修会(発明者教育)の具体例

 
 
 

視聴方法

 
知財系の動画セミナーを視聴いただくための専用サイトに、上記セミナーを公開いたします。
 
こちらの「無料Webセミナー」のページを読んで頂き、ページ最上部の登録フォームから氏名メールアドレスを登録して下さい。専用サイトへアクセスできるようになります。

公開日の前でも登録フォームから登録可能です。

専用サイトでは、現在、「進歩性欠如の拒絶理由通知への対応ノウハウ」と題するセミナーも無料で公開しています。合わせてご視聴ください。



メルマガ登録

本ページが更新された際に、その旨をメールで連絡します。ご希望の方はメールアドレス・姓名を入力し、「確認」ボタンをクリックして登録してください。

メルマガ登録欄
メールアドレス(必須)
氏名(必須)
TOPへ戻る