• 化学、材料、食品系特許の実務

  •  

2018-11-15  現役の編集者に聞いた! 自分の本を出版するときのポイント

 

今日は、出版社の秀和システム社
の編集者と会いました。

 

拙著「技術者・研究者のための特許の知識と実務」
の第3版を出版するための内容・スケジュール等の
打ち合わせです。

 

打ち合わせ内容は大したことは
なかったのですが、

世間話をしていたら、非常に興味深い、
最近の出版業界事情を教えてもらえました。

 

表には出せない情報が多いのですが、
ここでは公開できることを
1つ公開したいと思います。

 

近年、出版不況と言われていますが、
著者になるためのハードルは
下がっているそうです。

 

つまり、昔は特別な人しか著者になれません
でしたが、今はそうでもないそうです。

 

(ちなみに私は特別な人ではありません。
完全な凡人です。)

 

とは言っても、
誰も著者になれるかというと
そうでもなく、

 

例えば、秀和システム社の場合、
持ち込み企画(執筆者が勝手に原稿を送ってくる)が
年に数百件はあるが、

その中で出版に至るのは
ほとんど無いとのことです。

 

ただし、持ち込み企画を無視しているわけ
ではないそうです。

 

中身をみて、良いものであれば出版するそうです。

 

キーワードは「マーケットイン」の内容かどうか。

 

持ち込み企画のほとんどは
「プロダクトアウト」であるため、

売れる可能性がなく、
出版もできない、
ということらしいです。

 

「マーケットイン」
の思考で中身を作れていれば、

出版できる可能性がある
ということでした。

 

自分の本を出版したいと考える人は多いと思います。

 

「マーケットイン」がキーワードです。


本ページが更新された際に、その旨をメールで連絡します。ご希望の方はメールアドレス・姓名を入力し、「確認」ボタンをクリックして登録してください。
メルマガ登録欄
メールアドレス(必須)
氏名(必須)
TOPへ戻る