化学分野の進歩性・記載要件、
明細書・意見書の書き方、
発明発掘、ノウハウ秘匿戦略の研究

2017年10月18日  【進歩性】副引用発明が2つある場合、『「容易の容易」は容易ではないから進歩性がある』と言えるのか?

主引用発明に2以上の副引用発明を組み合わせると本発明に想到することを理由として、本発明の進歩性を否定する拒絶理由が通知されることがあります。

これに対して、副引用発明が2つ以上あることだけに着目し、『主引用発明に2つも副引用発明を適用すること自体が難しい、すなわち「容易の容易」は容易ではないから進歩性があるはずだ』と平気で言っている専門家(弁理士を含む)がいますが、これは間違っています。

以下に「容易の容易」について説明します。

いわゆる「容易の容易」とは、主引用発明に、2つの副引用発明を直列的に適用することをいいます。副引用発明は周知技術等であっても構いません。

例えば、構成要件Aからなる主引用発明に、構成要件Bからなる副引用発明1と、構成要件Cからなる副引用発明2を適用して、構成要件A+B+Cからなる本発明に想到することが容易か否かを検討するケースです。主引用発明から出発して本発明へ至る創作過程が2段階になっています。… 全文を読む

2017年10月12日  第6回弁理士自主研修会を開催しました。

10/6(金)に弁理士会の自主研修会を開催しました。

この研修会は2か月に1回程度開催しており、今回が6回目でした。

今回の発表者は元審査官の松本公一先生(特許業務法人むつきパートナーズ)にお願いしました。

以下は研修所NEWSに掲載した研修会の告知文です。

 … 全文を読む

2017年10月3日  発明発掘について~ 発明は提案されなくて当然と考えるべきだ ~

発明者から発明提案がほとんどなされないため発明が顕在化せず、発明者の頭の中に埋没したままとなっている企業はかなり多いです。

ノウハウ秘匿に関する相談をしばしば受けますが、いろいろと実情を聞いていると、発明の顕在化がなされずに困っており、ノウハウ秘匿よりもそちらの方が重要であるため、ノウハウ秘匿はひとまず置いておいて、発明の顕在化の方に取り組むことが、頻繁にあります。

発明者から発明提案がなされない場合、発明が発明者個人の頭の中にのみ存在していることになるので、その者が退職してしまえば、その発明は社内から消えることになります。

また、退職していない段階でも、他の従業員はその発明の内容を知ることができないため、当然、その発明を利用することができません。

そのため、社内で過去に検討された事項について、別人が再度、検討するために多大な労力とコストをかけるような極めて非効率な状態に陥る可能性があります。… 全文を読む

2017年10月1日  2017年11月9日セミナー開催「収益増加の手段としての知財戦略」

2017年11月9日に「収益増加の手段としての知財戦略」と題するセミナーを開催します。

主催は東京商工会議所(太田支部)です。

詳しくは、こちらのページをご参照下さい。… 全文を読む

2017年9月30日  セミナーを開催します(2017年10月16日)

10月16日(月)に「自社技術のブラックボックス化と特許出願を組み合わせて収益を増大させる方法」と題するセミナーを開催します。

主催は日刊工業新聞社です。

詳しくは、こちらのページをご参照下さい。… 全文を読む

2017年9月29日  出版「ノウハウ秘匿と特許出願の選択基準およびノウハウ管理法」

かなりの時間と労力がかかりましたが、やっと完成しました。

「ノウハウ秘匿と特許出願の選択基準およびノウハウ秘匿法」と題する書籍が経済産業調査会から出版されます。

2017.10.12に出版予定ですが、アマゾン等では、すでに予約が開始されているようです。

目次および内容は「書籍・論文・セミナー」のページ(http://www.t-pat-eng.com/seminar )に記載されていますので、ご参照下さい。… 全文を読む


本ページが更新された際に、その旨をメールで連絡します。ご希望の方はメールアドレス・姓名を入力し、「確認」ボタンをクリックして登録してください。
メルマガ登録欄
メールアドレス(必須)
氏名(必須)
TOPへ戻る