• 化学、材料、食品系特許の実務

  •  

2019年3月14日  出願しないけど、明細書にまとめています。

  

出願せずに、社内で営業秘密(ノウハウ)として秘密管理して行くことが決定した案件について、

明細書にまとめてほしい、

という依頼を受けることがしばしばあります。

  … 全文を読む

2019年3月6日  トルコでは(表向きは)特許発明を実施しなければならない。

イスタンブール

トルコで特許を取った案件について、

現地代理人から

1.実施しているか、

2.未実施か、… 全文を読む

2019年2月26日  PCT34条補正は何回できるのか?

PCT出願を行った後、国際調査報告と見解書をもらったが、
さらに補正した内容の2回目の見解書をもらいたいケースがあります。

  

さらに補正した内容についての2回目の見解書の内容が良好であるならば
各国移行させた後も特許が取れそうな感じになりますので、… 全文を読む

2019年2月21日  「課題について」の研修のまとめ

  

昨日の夜、弁理士会会館で

特許法上の諸論点と「課題」の一気通貫

(サポート要件・進歩性の「課題」を中心として)

と題する研修会を受講してきました。… 全文を読む

2019年2月20日  本日は、午前中に出願し、午後は社内研修会、夜は研修会を受講。

本日は午前中に特許出願を1件行う予定。

その後、某社様へ移動し、社内研修会の講師を担当させて頂きます。

某社様のグループ企業の幹部、知財担当の方、知財部員の方など、30名の方が集まって下さいます。

私はその場で特許出願とノウハウ秘匿の選択の考え方についてお話しさせて頂きます。

特許出願すべきかノウハウ秘匿とすべきかの選択について、考え方を認識することは非常に重要ですので、なるべく役立つ情報をお伝えできるよう、2時間、全力でお話させて頂きます。… 全文を読む

2019年2月15日  Amazonランキングで2位。

  

皆さまのおかげで、まだ出版前の予約段階なのに、Amazon「発明・特許カテゴリー」の売れ筋ランキングで2位になりました。ありがとうございます!… 全文を読む

1 3 4 5 6 7 14

本ページが更新された際に、その旨をメールで連絡します。ご希望の方はメールアドレス・姓名を入力し、「確認」ボタンをクリックして登録してください。
メルマガ登録欄
メールアドレス(必須)
氏名(必須)
TOPへ戻る