• 知財実務情報Lab.

  •  

2018年10月17日
2018年11月2日に群馬県で「食品分野における攻めと守りの知財活用法」と題するセミナーを行います。

依頼を頂きまして、11/2に群馬県で

「食品分野における攻めと守りの知財活用法」

と題するセミナーを開催いたします。

食品系企業かつ群馬県付近の方しか参加できないと思いますが、よろしければご参加ください。

以下のURLから申し込みができます。
http://www.tec-lab.pref.gunma.jp/seminar/kosyu/181102food.html

内容は以下の通りです。

<題名>
「食品分野における攻めと守りの知財活用法」

<内容>
従来、食品関連企業は他の分野の企業と比べて、知的財産を重視していなかったように思います。しかし、おそらく、越後製菓と佐藤食品工業の特許権侵害訴訟である「切り餅事件」を境に、食品関連企業の多くが競合会社に対する「防御手段」として知的財産に取り組み出しています。一方、知的財産は「収益増加手段」、すなわち攻めの手段として利用することもできます。このセミナーでは攻めと守りの知財活用法について解説します。



メルマガ登録

本ページが更新された際に、その旨をメールで連絡します。ご希望の方はメールアドレス・姓名を入力し、「確認」ボタンをクリックして登録してください。

メルマガ登録欄
メールアドレス(必須)
氏名(必須)
TOPへ戻る